【はぎぷー】の似顔絵(にがおえ)!

毎週 火曜・木曜 更新予定【はぎぷー】萩谷尚子(はぎたになおこ)のにがおえ日記です。日々芸能人・有名人・描かせていただいたお客様の似顔絵を掲載します。

お問い合わせ&ご連絡はこちら「【はぎぷー】萩谷尚子(はぎたになおこ)の似顔絵(にがおえ)!」まで

似顔絵巡礼の旅その3「名古屋4月定期勉強会」日本似顔絵アーティスト協会さま主催

昨日の記事の大長文の毒とぼやきは失礼いたしました。同業者しか分かりずらいエピソードが多く辟易された方もおられると思います。

旅のルポはこの記事で最後となりますが、気持ちも落ち着いてきたので、比較的(笑)ボリュームを落として終わるつもりです。

竜王賞のあとはもう一晩名古屋で泊まり

4月11日は、日本似顔絵アーティスト協会さまの主催する「名古屋4月定期勉強会」に参加させていただきました。

当日の模様は以下のリンク先をご参照ください。▼

定期勉強会報告(4月名古屋)

似顔絵の大会や団体はいくつかあり、竜王賞のような大衆向けの大規模大会もあれば、日本似顔絵アーティスト協会さまのような世界大会の主催、勉強会で技術向上交流を深めようとする団体もあります。団体同士は断絶されているものではなく、活発な交流がなされ、もちろん、両方に参加経験のある人が多いようです。今回日が近く同じ名古屋で開催されるというのも、竜王賞とこの勉強会両方に出れるようにとのご配慮なのでしょう。(すいません、最近参加しはじめて、理解が間違っているかもしれないです)

ある時期、研究者がどこかに集結して学会をしたりするとか、デザイナーや美術界にも様々な団体や賞、協会があるのと同様に、似顔絵師業界も非常にグローバルなのでした。

ともあれ、4月前半は、似顔絵学会週間のような体をなし、楽しくかつありがたいことでした。

似顔絵師になりたい

とたまに問い合わせを私ごときに受けることがあります。

色紙とペン持って、路上で販売したらその日からなれますよ、と云いたいのですが

たぶん、そういう答えを聞く人は望んでいらっしゃない。きっと、

上手くなるにはどこへ行けばいいの?
売るにはどうしたらいいの?

が御知りになりたのですよね。

スクールや教室もいいですが

こういった団体の主催する大会や勉強会に見学なさるのが一番だと思います。腕に自信が少しでもあれば、描く側でご参加を。費用も非常にリーズナブルです。

私はフリーで仕事的にも底辺です。しかし、こうした会に出させていただくことで、全国のハイレベルの似顔絵師さんと交流を持つことができる。情報が得られる。友達ができる。

そして、雲の上のような作家さんから安価に講座や教えを受けることが出来るのです。

勉強会や大会に出たからといって技術は向上はすぐに(ぜんぜん笑)しませんが、大事なエッセンスを受けたり、行動するきっかけがつかめます。

そりゃ上手い人が多すぎて自分を見て落ち込むこともありますが、、、笑

変わることが出来ず井の中の蛙になってしまうより数倍ましです。私は一人でやっているので。似顔絵の会社に入り毎日切磋琢磨している人とは違う。若い人は成長の機会が沢山ありますが、私のように、40過ぎると、腕も頭も頑固になってしまうので、年に数回は、こうしてすごい才能の方のすごい絵を間近に見て、ガツンとやられなくてはいけないのです。

似顔絵の勉強会には、更にすごい楽しみがある。それは、人気作家さん実力作家さんに「描いてもらえる」機会が持てる、ということです。そういうミーハー心で参加しちゃうことが非常に多いです。

似顔絵なんだから、練習にも講座のデモンストレーションにもモデルが必要だ。それは、会場にいる作家同士なんですね。

私も今回、顔を描いていただく機会に恵まれ、ホクホク(○´ω`○)

ほんとは、私も実技参加、描いて練習するはずだったんですが、竜王賞で燃え尽きて、

 =ニミY/∠_
                       /       `丶、
                      ∠ /      、  ミx
                      /   A゙ー〈):)弋ー'-  .
                    /     /:‐'.: .:|`ー' .:: .: `ヽ.
                     |/l   ,ハ_,、ノ ノ.:::) ;ノ.:.: :::.:.:... ヽ
                     レ ノ/{: :.、:.:``´ミY=彡'. :{.:..:.:.:::.  '.
                    '´ / :八:.:....=ミy- .: :.::.ヾ,:.:.   }
                     {   .:\:.=ミy=.... :.: :/.:    .:,'
                     |  .::/⌒ヽミy=.: :. ::{    . :/
                     人 .:/   }:ミy=.:. .:::i  .:.:/
                   / .::.゙.;ノ_r─[`ー---,」  ...:,′
                  __ / .::::∠  ヽ. \,>''"´  .:...:,′
           ,. -‐ '´ .: ::/=ミ/.: .:::\ ,>'"  . .:: .:.::: ノ|
          /   . .:: ....::/==(;;;.::.::::::::,.<ヾミ,>-‐、¬ニ´ リ
            {.:.:: ..:.:..:.::.:::::/ニニハ__;;;;∠ニ>''"  ..:.:.: :V -‐'/ }
          !.:.::: .:::r'´ ̄|三ニ」 | /ニ=/   .:.: . : . :ノ_,///
           |.:.:::.:. '  〈TTTLl トミミ{  .:..:/ニニニ´:‐=彡'
            j.:   . .:}   ヾヾ>  LLヒ〉 : .:...{─┬r '"´| |
            !--ーーリ        | | '.::.... . ..'.|| |   | |
         j____,.′        | |{.:: .:.:.:...i|| |   | |
         |f厂゙/            | |:V__/j|| |   | |
         /フ  '           | | :|__,,' .!_| |_  | |
.        /フ   i              | |/|ニ广/-─| |- ミ丶|
.      /フ   八             | |_ム'[ /   | l_彡'/
   .  <>'′   }          `'/=/|二ニ -‐''"
  〈__ .. -─¬''"            /=/ :|
                      ∠シ  丿
                     /   /
                   く___彡'


ひたすら描いてもらい癒されてしまいました。

合計8名くらい、全国のご活躍されている似顔絵師さんに描いていただいた。

ぐへへへ、い〜だろ〜!本来一枚2000円以上、並ばなくては描いてもらえないかもしれない人気作家さんたちの絵が勉強会で描いてもらえるんだ〜

勉強会とはいえ、その道の超!プロの人達だから、絵はメチャクチャ上手いしお話は魅力的。描くのも楽しいですが、描かれるのはもっと幸せなのでした。

みよ、かみがみのえを▼

どれも名前と年齢を入れてもらっています。

「年を入れるんですか!?」と聞かれることが多いですが
だって、そのとき一番若くてキレイだったんですよ。その自分が絵に残ってるんですよ!

=============

今回の勉強会の講演、またその前のkunikazu.さんの講座でもそうでしたが

似顔絵で何が一番大切か?

ということが何度も言われました。

それは

似ていること

につきる、まずがそれがある

と。

かわいいこと、オシャレなこと、見てたら幸せになること、筆使いやセンス、その作家らしい個性

色々な要素が似顔絵には詰まっています。

しかし、何をおいてもまずは

似ていること

にある。そうでなくては、似顔絵ではなく、イラストレーションなのです。

まあ、正直、私のようなオバさんは似せて描かなくていいよ(シワとか)とも思うことも多いですがww

今回描いていただいた数枚はどれもこれも非常によく似ていて驚愕しました。

画風も画材もフォルムも何一つ同じものはないのに!違う絵なのに!どの絵にもちゃんと私がいる。

昨日の竜王賞。あの大会はコスプレをなさる方が多いので、画家のカリスマやタレント性が目立つように思われますが、素晴らしく似せるとういう絵の技術そのものが抜きんでいなければ入賞できない。まず似顔絵として、絵がモデルに似ていて、そこに画家ならではの魅力的な個性や視点があり、人々はこぞって投票するのです。

写真や動画とは違う、手描きの絵、似顔絵の魅力はそこにあるのです。

似せる技術、それは、奥深く、多様です。

ちゃんと似せることが出来ることができてはじめて、人を感動させて、喜ばせることができる。

私のこの一年の活動でも、

サンプル(店頭に置いてある客引きの見本)の可愛さに惹かれ、その期待に応えて盛って可愛さのみをフォーカスして描いた方は一過性になることが多いですが

我ながらなんて、そっくりに描けたんだろう!というお客様。その方々は後日連絡をくださり追加注文していただけたり、お友達になってくださったりしてくださるケースが多い。

似せる

という簡単なようでいて、非常に難易度の高い技術。これがお客様を一番喜ばせる技術であり、似顔絵には不可欠な、今後の私に最も大事な課題だと気が付かされました。

▼そうした勉強会、あるいはお金を出してプロの方に描いていただいたファイリング。

もう100枚近いでしょうか。

あとで見返して楽しんだり画風の勉強になります。現物ですからね。ネット画像と違い、生き生きとしたフォルムなど間近に見れます。

何度か記事に書いておりますが

我が夫 背の君は似顔絵が非常に好かない人です

私がこうした描いてもらった戦利品を各地でゲットして披露する。すると必ず目をそむける。話題をそらす。こうしたやり取りで、夫婦に溝を感じたことが何度あったことでしょうか。私が大好きな世界の話なんだから、ちょっとは興味もって聞いておくれよね!と。

しかし
似てないから、絵が嫌いだから目をそむけるのではないことに今回気が付きました。

というのは、こちら、名古屋の画家さんに描いてもらったのを見せたら

ステキに描いてもらってるじゃないか!
と言ったのでした。

勉強会のたびに、毎回、私が描かれた大量の似顔絵を見せては眉をしかめている夫ですが(嫌がられても、見せまくる私も私ですがw)

昨年、二枚だけ夫が嬉しそうに、ご満悦した絵▼


かわいいねえ、いい絵だねえ!と言った二枚(京都と東京の似顔絵師さんに描いてもらったもの)

今回を含め

夫が気に入った似顔絵を並べて見て…なんか分かりました。

他の方に描かれていたのはどれもこれも私という細君にソックリ似ているのですが
私の変なとこ、(夫にとって嫌な)妻の個性が出ている。

アクが強い、皮肉屋、濃い、厚かましい

など

目をそむけたかったんだな〜と。

描いていただいた似顔絵師さんの腕が立てばたつほど
ヨソで妻がこんなに恥ずかしい態度、変なキャラクターでやはりいるのか
世間に申し訳ないその現実 耐えがたく知りたくない 

と思っているようでした。アクの強さも私の良さで魅力だと自信があるので、そこも好きになって欲しいのです。が、結婚は、私がオシオシして成立したものなので、しょうがない。

夫が気に入った似顔絵師さんは、思い出すに心根が抜きんでて優しく、温かい画風で、そのお人柄も画風に現れている。

似顔絵は、似せるのが目的なんですが

私のアクの強さが魅力だと思ってそこを似せて描いてくださる作家さんもいたら
私の(わずかな)やさしさ、天使性を見出してくださり、絵に出してくださる方もいる。

どちらも「似ている」私なんですが

夫は後者の方の絵が好きなのだとようやく気が付きました。

妻に天女のように優しい心根でいて、どうか夫の知らない外の世界でも、エロ話など炸裂させず、他者と上手くやり利他的行動をしてほしいと願っているのだ。

また長い最後はのろけのような文章になってすいません。(この文章への情熱の投入を絵の修練に向けたいものです)

似顔絵が対象者の外見的にも内面的にも「似てる」ということ。それは、多様で、人それぞれ違うのだと気づきました。

絵に馴染みない一般的生活を送る夫にとっての「似せる」希望は、私の望む「似せる」とは違う。同様にお客様もきっと様々な「似せる」をお望みのことでしょう。ファッションと同じく流行だってあります。昔の映画看板のようなリアルさを望む人があれば、二次元キャラで似せてほしい人もいる。

自分がどういった「似てる」を作りだしていけるのだろうかと、この勉強会を通して考えました。

講座の先生方は、もっと深いところ、お客様の持つキャラクター、愛情や人間的魅力を捉えることについても実演とお話してくださいました。

私の現状は、今のところ、外見的な「似せる」だけでも困難かつ精一杯ですが。目の前に来てくださったお客様との出会いを大事にして努力していきたいです。

この勉強&大会旅行の一週間が寄る年波にハードすぎて、ぐったりしているのです。今週体力を取り戻したら、少しずつ稼働を再開していきますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

▼よろしければポチッとよろしくお願いします▼
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

【はぎぷー】萩谷尚子の似顔絵(にがおえ)!