【はぎぷー】の似顔絵(にがおえ)!

毎週 火曜・木曜 更新予定【はぎぷー】萩谷尚子(はぎたになおこ)のにがおえ日記です。日々芸能人・有名人・描かせていただいたお客様の似顔絵を掲載します。

お問い合わせ&ご連絡はこちら「【はぎぷー】萩谷尚子(はぎたになおこ)の似顔絵(にがおえ)!」まで

天下一の小心キャラ…内野聖陽さん NHK大河ドラマ「真田丸」徳川家康の似顔絵

毎週欠かさず観ているNHK大河ドラマ『真田丸』

先日の放映には登場していなかったんですが

大変人気が上がっている徳川家康の内野聖陽さん

言わずと知れた関ヶ原ラスボスキャラ

真田幸村の最後の最大の敵役です。

伊勢越えは爆笑しましたよね!

従来の家康のイメージは「重厚」かつ「老成」「腹黒い」などですが

内野家康は

一に小心 二に用心 三四がなくって五に小心

というキャラです。

彼の回りにいる三河武士の重鎮たちもいい味出しております。小心な家康を支え、家族のように同じおにぎりをついばみ、励まし合い、戦国を生き抜く。(その関係がちょっとBLぽくて楽しめたりします)

この内野聖陽さん、実は、見た目より(失礼)若い。

そしてイケメン。

描いていて、非常に端正な顔立ちで、実は福山雅治にもちょっと似てると気が付きました。(福山さんと同年代)

なのに、女子があまりキャーキャ言わない。私もキャーキャ―言った覚えが一切ない。

なんででしょう?イケメンなのに、演技上手いのに。

女子がときめくオーラがない。

一路真輝さんという元宝塚の方と結婚し、独身イケメン男優の位置を早くに手放したせいなのか。

私が一番最初に拝見したのは、朝ドラ「ふたりっ子」です。(若い人は知るまい笑)

通常、朝ドラのイケメン男子には、感情移入して、ときめくものなんですが。ぜんぜん、ときめかなかった。

この人、なんか神経質やな〜と思った。

その後も、大河でやはり同じく戦国、武田信玄の参謀、山本勘助を演じた。脚本のせいか、勇壮な戦国武者というよりは悲劇的で神経質な人、、、という印象が深まりました。

そう、頻出キーワードは、やっぱり神経質、、、

あの高視聴率幕末タイムスリップドラマ『仁(じん)』で坂本竜馬を演じていた。これぞ、龍馬!という感じの豪胆かつ愛に満ちた演技で素晴らしかった。しかし、それがなんか余裕がない感じに思ったんですね。豪胆さを神経質に演じて隙がない。

そう、隙がない…。

福山雅治の竜馬の方が私には竜馬らしく感じました(司馬遼太郎的な意味あいで)

福山龍馬はのびのびとした、余裕のある、演技してない演技の存在感、がある。

しかし内野龍馬は、悲劇的な偉人という存在感。

どちらがいいっつうかは人それぞれなんですが。顔立ち的には似たところ多いのに、福山さんは塩ラーメン、内野さんは味噌ラーメンだと思います。もちろん味噌が好き!という方も多いでしょう。私が塩が好きなだけです。

その後、内野さん主演の「臨場」という映画を拝見してほんとにこの人、味噌ラーメンだな、と思いました。

すごく演技も上手いし、重厚だし、主人公の悲壮な気持ちが伝わってくるんです。

しかし、

伝わりすぎて…

重い…。。。

濃度濃すぎ、、、。

舞台俳優さんのせいでしょうか。身振りも声も、レミゼラブルを彷彿とするような、、、大げささが魅力でもあり、暑苦しくもあり、、、濃い。。。

ああ、わかったわかった。もう満腹です。と。エグザイルの年配層の踊りを見ているときの印象と似ています。

すごく緻密で神経質で繊細な存在感があり、それが魅力でもあるんでしょう。

たぶん、男子の好むイケメンなんじゃないかな

(女性はそりゃもちろんイケメン好きだと思いますが、それ以前に
ある種のおおらかさ明るさ優しさがまずあってほしいと思うものだと)

この大河ドラマ『真田丸』では

この内野さんの男性的な小心さ神経質さが、実に家康キャラとマッチングしている。

三谷さんの脚本がそういうアテ書きされたんでしょう。

家康の小心さで七転八倒するさまに笑い転げ

いつしか

家康ってこういう人だった、こういう人に違いない。
従来の豪胆な狸天下人キャラではない

こんな風に

自分に自信がなくて用心深く怯えていて
健康にびくびく留意して
それが故に細心の注意を払いながら
戦国の世を渡り切り、いつしか、天下人になっていた、と。

天下を取った関ヶ原の覇者、権大納言たる徳川家康。彼も我々と同じ、小さなことで一喜一憂する弱い人間。それでも粘り強く頑張ったんだ

と。

庶民が共感できる 新しい家康。イキイキとしたキュートな小心者キャラ

はじめて家康に萌えました。

▼よろしければポチッとよろしくお願いします▼
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

【はぎぷー】萩谷尚子の似顔絵(にがおえ)!