【はぎぷー】の似顔絵(にがおえ)!

毎週 火曜・木曜 更新予定【はぎぷー】萩谷尚子(はぎたになおこ)のにがおえ日記です。日々芸能人・有名人・描かせていただいたお客様の似顔絵を掲載します。

お問い合わせ&ご連絡はこちら「【はぎぷー】萩谷尚子(はぎたになおこ)の似顔絵(にがおえ)!」まで

似顔絵サンプル カップルの絵と、日々の雨の防災の心配について

秋バージョンで描いてみました。京都嵐山に来られたカップルの似顔絵のサンプル。

100均で売っている、金のラメがきらきらして、華やかな仕上がりになっております。

------------------------------------

毎日毎日雨がふっている。日本各地の大雨情報を見てると胸が痛いです。

昨日は、我が家の周辺も、浸水するんじゃないかとばかり、水びたしになってしまった。大阪には、めったに警報がでないのに。昨夜は私の住む大阪北摂の一部に避難勧告がでました。幸い、私の町は、避難するまでは水が上がりませんでした。が、この先、それ以上、避難勧告が出るほどの災害がきたら、どうなることでしょう?

こういうとき、マスコミは、普段からご近所付き合いを大切にして、町内会、自治会での取り組みを…とバカの一つ覚えのように言いますが

実際、その時になったら町内会の消防防災の班の連絡網だとか一切役にたたないと思います。だって、昨日の大阪もそうでしたが、立っていられないような、ものすごい雨で、そんな中、他人を助けたりできない。自分一人が歩くのでせいいっぱいのヌカルミにどんどん足を取られてしまいます。

家族に連絡を取り、なんとかホウホウの体で逃げるだけ。私も住んでいる団地の災害消防の役の一人に無理やり入れられましたが、避難の役割など誰も満足にはやれないと思われます。

普段から町内会の取り組み、避難訓練するだとか防災品の備蓄などがあれば違うかもしれません。それこそが住民自治とあるべき姿でしょう。

ま〜うちの町内会は、そういうのは一切無理。自我の強い大阪人の集まりで、俺が俺がと口だけ達者で一切動かない、席があれば老若男女問わず奪いあうメンタリティ。ワシがウチが弱者だ被害者だと権利だけは主張して、自分が弱者を助けるなど、微塵も考えない人たちです。市民運動をこじらせたまま年をとった、そういうゴネるが勝ちの老人が大部分を占めますので、防災の時の連携など一切望むことはできません。

お隣のご隠居さんを背負うことなど出来たらいいのですが。うちの団地は2/3が老人で、70歳以上なんてワンサカいます。現役世代の若者が彼らを全員救助する義務など課せられたら、自分の大事な家族を守れないでしょう。辛いけど見て見ぬふりするしかないです。雨の日に歩けないご老人の無事は、そのご家族の責任でしかありません。シビアですが、そういう状況だと思います。

映画の『少年H』で空襲警報が出て、主人公の母親は、町内会の役だからと、せっせとバケツで焼夷弾の火事に水をかけていた。しかし、それをしているのは彼女だけで、皆はとっとと逃げ出し、そんなバケツの水では消火できるわけありません。

現在だって、防災のプロでもないかぎり、下手に他者を助けたりと手を出したりすることは自分が怪我をするだけです。素人の集まりでしかないご近所の力でなんとかしようなんて、非現実的です。自分で自分の身を守る、家族を守ることだけに普段から準備をととのえ、災害が起きたら、そこだけに集中するしかないです。そののち余裕があれば、他者を助けることができるでしょう。

こんな意地悪な私でも、あの3軒隣の、笑顔の優しい90歳のおばあちゃんのことは心配です。普段から町内会の仕事を押し付けたりゴネたりクレームを言ってきたりする団塊ジジイババアのことはまったく一切心配じゃない。彼らこそ、自分だけで逃げることでしょう。ひどいかもしれませんが、好きな人は手助けしたい。そうじゃない相手は無視する。それがご近所付き合いの真実の姿でしょう。

▼よろしければポチッとよろしくお願いします▼
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ
にほんブログ村

【はぎぷー】萩谷尚子の似顔絵(にがおえ)!